17 November 2019
2019/09/06 - 03:53
View 82
2019/09/06 - 03:53
.

ザリーフ外務大臣が安倍総理大臣と会談しました

.

 

828日水曜日、モハンマド・ジャヴァード・ザリーフ・イラン・イスラム共和国外務大臣は、安倍晋三総理大臣と会談しました

 

安倍総理は、自らのイラン訪問と、最高指導者、大統領との各会談実施の喜びを述べた上で、イランが核兵器製造を追求していないことを直に聞いた、対話によって問題を解決したい旨語りました。さらに、地域の緊張の高まりへの懸念を述べ、今後も緊張緩和へ向けた外交努力を続けていく旨語りました。総理は、両国の高官の間での対話継続の必要性を強調しました

 

ザリーフ大臣は、安倍総理による両国90周年の節目の年のイラン訪問は、歴史的な訪問であったと述べた上で、イランの当局者たちは、日本との関係、特に総理との関係を非常に尊重している旨述べました。大臣はまた、すべての国は、国際法の枠内で自らの権利を享受できなければならないとした上で、地域の緊張緩和へ向けたイランの意向を強調しました

 

会談では、最新の核合意履行状況、地域の緊張、そして緊張緩和へ向けた打開策などについて、深い意見交換が行われました

متن دیدگاه
نظرات کاربران
تاکنون نظری ثبت نشده است